にわとりに対するこだわり

発酵飼料にこだわる

プロバイオティクス健康法

プロバイオティクス健康法とは、体に良い影響を与える微生物、またはそれらを含む食品を摂取する健康法です。鶏に発酵食品を摂取させ、体に良い丈夫な鶏が育ち、その結果として高品質で臭みが少なく甘みのある美味しい卵を提供できます。発酵飼料(酵母菌)により腸内環境を整え、飼料の吸収率を高める事が丈夫な鶏の秘訣です。

発酵飼料は毎週2回ほど仕込みをしています。発酵温度60℃、夏場は48時間、冬場は72時間発酵させ、飼料に5~10%添加をしています。主原料は地元食品工場からのかつお節、大豆、小豆等から地元飼料米、お取引先菓子製パンなどになります。地域のつながりより、食品会社との連携により安価で高品質な原料を調達できます。特にかつお節は豊富で品質の良いタンパク源で、摂取することで卵が濃厚にもなります。

発酵飼料の原料例


かつお節

かつお節

お米

お米

小豆

小豆

菓子パン

菓子パン