名古屋コーチン 生たまご

ごんのたまご

平成25年に生誕100年を迎える「新美南吉」は半田市出身の童話作家。代表作品は「ごんぎつね」。1937年(昭和12年)に半田市の老舗飼料メーカーの杉知商会(半田市)に就職。病気がちであったことから、特に好んでたまごを食したと記録にも残っています。

ひよこの世話をしながら岩滑(やなべ)の自然や動物の純粋さに共感を寄せていました。生命に対する愛情にあふれた南吉が強く想い考えていたであろう「自然との共生」という想いを大切に受け継いだ資源循環型農業に取り組んでいる農家が一つの形にしたのが「ごんのたまご」です。

今後、益々注目をされるであろう、自然との共生というテーマを名古屋コーチンに込めました。資源型循環型農業を軸に飼料米の導入からカラーファン、サルモネラワクチン接種などの規約に準じた生産をはかりコーチン特有の“なめらかで濃厚なうまみ”を出しています。

有限会社花井養鶏(大府市)、有限会社ヤマト養鶏(常滑市)、たまごの里農園(常滑市)、内藤養鶏(半田市)、杉浦ファーム(阿久比町)

入り数6個入り、10個入り
品 名国産養鶏
産 地愛知県産
個卵重S 46g ~ L 70g 未満
卵重計量責任者花井千治
保存方法お買い上げ後は冷蔵庫(10℃以下)で保存してください
使用方法生食の場合は賞味期限内に使用し、賞味期限後及びヒビの入った卵はお早めに十分加熱調理してお召し上がりください。